ASUS、6GHz帯("Wi-Fi 6E")対応のゲーミングルーター「ROG Rapture GT-AXE11000」を発表

ニュース 新製品

台湾ASUSは9月2日、無線LANルーター「ROG Rapture GT-AXE11000」を発表しました。

ROG Announces Meta Buffs Lineup for Leveling Up Gaming Experiences

The ROG Rapture GT-AXE11000 gaming router opens the Wi-Fi 6E frontier | ROG - Republic of Gamers Global

スポンサーリンク

ASUSの無線LAN製品では初の6GHz帯(IEEE 802.11ax / "Wi-Fi 6E")対応機器となり、ROGのブランドサイトでは「world’s first Wi-Fi 6E gaming router」の表記が見られます。
他社の"Wi-Fi 6E"対応製品としては2020年1月にTP-Linkからメッシュネットワーク対応の「Deco X96」が発表されている他、Sercommからも「AX11000」クラスのルーターが公開されています。

現時点では詳細な仕様が公開されていませんが、6GHz帯でIEEE 802.11axによる最大4,804Mbps(4ストリーム/160MHz)、5GHz帯で同4,804Mbps(4ストリーム/160MHz)、2.4GHz帯で同1,148Mbps(4ストリーム/40MHz)の通信に対応する構成になると思われます。

GT-AX11000と同じく2.5GBASE-T対応端子を1基備え、1000BASE-T端子2基によるリンクアグリゲーションにも対応しています。

「AiMesh」によるメッシュネットワーク構築時は6GHz帯と5GHz帯の状況を監視し、適切な周波数帯をバックホールとして利用可能とされています。

CPUは4コア 1.8GHz(Broadcom BCM4908?)、RAMは1GBとされており、こちらもGT-AX11000からの変更はありません。

コメント