ASUSのH670/B660/H610マザーボード製品群が明らかに、「ROG・TUF」や「ProArt」など

ニュース認証情報

Eurasian Economic Commission(EEC)のウェブサイトに2021/12/29付でASUSTeK Computer Inc.のIntel H670・B660・H610チップセット搭載マザーボードと見られる複数の製品が掲載されました。型番から製品シリーズやフォームファクタが判別できます。

KZ0000004624 - EEC

KZ0000004625 - EEC

KZ0000004627 - EEC

スポンサーリンク

H670マザーボード

今回掲載された型番はB660とH610を搭載するモデルが大半を占め、H670搭載モデルは「PRIME」・「TUF GAMING」各1種に留まっています。この2種以外にもH670搭載製品が存在するかは現時点で定かではありません。

TUF GAMING H670-PRO WIFI D4(および後述のTUF GAMING B660M-PLUS D4)は2021年12月末にAmazon.co.jp上で一時掲載され、3万円弱の価格が設定されていました。

  • PRIME H670-PLUS D4
  • TUF GAMING H670-PRO WIFI D4

B660マザーボード

H670と対照的にB660搭載モデルは数が多く、ゲーミング向けを謳う「ROG STRIX」および「TUF GAMING」シリーズ、ミドル~エントリークラスの「PRIME」シリーズに加え、ビジネス向けかつCSM(Corporate Stable Model)仕様の「PRO B660M-C D4-CSM」、更にクリエイター向けの「ProArt B660-CREATOR D4」が確認できます。

Intelチップセット搭載の「ProArt」は過去に「ProArt Z690-CREATOR WIFI」と「ProArt Z490-CREATOR 10G」が投入されたのみで、Bx60シリーズのチップセットを搭載した「ProArt」製品はProArt B660-CREATOR D4が初です。サフィックス「D4」からDDR5には対応していないことが見て取れます。

  • PRIME B660-PLUS D4
  • PRIME B660M-A D4
  • PRIME B660M-A WIFI D4
  • PRIME B660M-K D4
  • PRO B660M-C D4-CSM
  • ProArt B660-CREATOR D4
  • ROG STRIX B660-A GAMING WIFI
  • ROG STRIX B660-A GAMING WIFI D4
  • ROG STRIX B660-F GAMING WIFI
  • ROG STRIX B660-G GAMING WIFI
  • ROG STRIX B660-I GAMING WIFI
  • TUF GAMING B660-PLUS WIFI D4
  • TUF GAMING B660M-E D4
  • TUF GAMING B660M-PLUS D4
  • TUF GAMING B660M-PLUS WIFI
  • TUF GAMING B660M-PLUS WIFI D4

H610マザーボード

H610搭載モデルには過去の同クラスチップセット(H510・H410)と同様にゲーミング志向の製品が存在せず、「PRIME」と「PRO」シリーズで占められています。型番に「H610T」が含まれるモデルは過去の例からThin Mini-ITXフォームファクタであると思われます。

  • PRIME H610M-A D4
  • PRIME H610M-A D4-CSM
  • PRIME H610M-D D4
  • PRIME H610M-E D4
  • PRIME H610M-E D4-CSM
  • PRIME H610M-K D4
  • PRIME H610M-R D4
  • PRIME H610M-R D4-SI
  • PRIME H610T
  • PRIME H610T-SI
  • PRIME H610T/CSM
  • PRO H610T
  • PRO H610T-CSM
  • PRO H610T-CSM-SI
  • PRO H610T/CSM
  • PRO H610T/CSM-SI
  • PRO H610T/CSM/SI

この他、ビジネス向けモデルとしてIntel Q670チップセットを搭載する「PRO Q670M-C-CSM」の存在も確認できます。