BIOSTARのZ790/B760/H710マザーボードが出現

ニュース認証情報

Eurasian Economic Commission(EEC)のウェブサイトに2022/01/18付でBiostar Microtech Int'l Corp.のIntel Z790・B760・H710チップセット搭載マザーボードと見られる複数の製品が掲載されました。型番から製品シリーズやフォームファクタが判別できます。

KZ0000004686 - EEC

スポンサーリンク

「Z790」・「B760」・「H710」はいずれもIntelから発表されていない製品ですが、Intel 300シリーズ("Coffee Lake")から現行世代のIntel 600シリーズ("Alder Lake")までのチップセットと同様の型番が付与されていることから、次世代のデスクトップ向けCoreシリーズと同時に投入されるチップセットであると思われます。

Z790マザーボード

Z790チップセット搭載マザーボードは「Z790 VALKYRIE」「Z790GTA」「Z790A-SILVER」の3種が掲載されています。それぞれゲーミング志向のフラッグシップモデル、ゲーミング向けのミドルレンジモデル、ブラックとシルバーを基調としたデザインのミドルレンジモデルとして投入されると見られます。

型番から読み取れるフォームファクタはいずれもATXであり、Micro-ATXまたはMini-ITXのモデルは現時点で確認できません。

B760マザーボード

B760チップセット搭載マザーボードは「RACING」シリーズの「B760GTN」・「B760GTQ」・「B760M-SILVER」・「B760T-SILVER」、「B760MX-PRO」など計9種が掲載されています。こちらはMicro-ATXまたはMini-ITXフォームファクタのモデルが投入されるようです。

H710マザーボード

H710チップセット搭載マザーボードは「H610MX-E」など計6種が掲載されています。

B660マザーボード(マイニング向け)

ECCの認証情報には上記モデルの他、現行世代のB660チップセットを搭載したマザーボード「TB660-BTC D+」や「TB660-BTC Expert」等も掲載されています。BIOSTARから過去に発売された「BTC」型番の製品と同様に、ライザーケーブルの併用を前提とした複数のPCI Expressスロットなどを備えるマイニング向けモデルとして投入が計画されているものと思われます。