GIGABYTE、AMD RZ608搭載・PCIe接続のWi-Fi 6Eカード「GC-WBAX1200」を投入予定

ニュース新製品

2021年12月3日 23:00現在、GIGABYTEのグローバル版サイトに無線LANカード「GC-WBAX1200」が掲載されています。価格や国内での発売予定などは不明です。

GC-WBAX1200 (rev. 1.0) Key Features | Motherboard - GIGABYTE Global

スポンサーリンク

GC-WBAX1200はAMDの無線LAN/Bluetoothモジュール「AMD Wi-Fi 6E RZ608」(M.2 2230形状)をPCI Express x1接続のボードに組み込んだもので、マザーボード上に無線LANモジュール用のM.2スロットが存在しないデスクトップPCでもPCI Expressスロットが空いていればRZ608を搭載できるようになります。6GHz帯および5GHz帯では最大1,200Mbps(2ストリーム/80MHz)の通信に対応し、Bluetooth 5.2も使用可能です。

ボードおよびモジュール本体の他、ブラケット部分のアンテナ端子に接続する角度調節・卓上設置対応の外部アンテナ「AORUS Antenna」、ボード上のUSBコネクタとマザーボードのUSBピンヘッダを接続するケーブルが付属しています。

モジュールの違いにより対応周波数帯・通信速度が異なる以外の仕様はIntel Wi-Fi 6 AX200を組み込んだ既存製品「GC-WBAX200」と共通です。同製品やIntel Wi-Fi 6E AX210搭載の「GC-WBAX210」は国内で販売されておらず、GC-WBAX1200が国内で単体販売されることも望み薄と見られます。(マニュアルには技適マークおよびRZ608=MediaTek Filogic 330P=MediaTek MT7921Kの工事設計認証番号が記載されており、国内での使用自体に問題はないと思われます)