I-O DATA、アンテナ内蔵のスタンダードWi-Fi 6ルーター「WN-DAX3000GR」を発売

ニュース新製品

株式会社アイ・オー・データ機器は2022年6月29日、無線LANルーター「WN-DAX3000GR」を発表しました。価格はオープンで2022年7月下旬に出荷が開始される予定です。Amazon.co.jpには同一仕様の「WN-DAX3000GR/E」が掲載され、12,800円(税込)・2022年8月2日発売予定で予約注文の受付が行われています。また、2022年7月31日までの予約注文で使用可能な10%引きクーポンも配布中です。

スポンサーリンク

WN-DAX3000GRは5GHz帯でIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)による最大2,402Mbps(2ストリーム/160MHz)、2.4GHz帯で同574Mbps(2ストリーム/40MHz)の通信に対応するデュアルバンド「AX3000」クラスの製品で、MU-MIMOおよびビームフォーミングをサポートしています。

無線LANの暗号化方式はWPA3-SAE / WPA3-SAE Transition Mode、WPA2-PSK(AES)に対応しています。

WAN端子は1基、LAN端子は4基でいずれも1000BASE-Tまでの対応です。USB端子は備わっていません。NTT東西のフレッツ網におけるIPv6 IPoE/IPv4 over IPv6接続サービスは「transix」・「v6プラス」・「クロスパス」・「v6 コネクト」に対応し、「IPv6オプション」・「OCNバーチャルコネクト」には後日対応予定とされています。

同様に"インサイトグレー"のアンテナ内蔵筐体を用いる上位モデル「WN-DAX5400QR」に比べると5GHz帯の通信速度が低く、WAN端子も2.5GBASE-Tに対応していません。機能面ではWN-DAX5400QRと同様に中継機能およびコンバーター機能、ネットフィルタリング・ペアレンタルコントロール機能を利用可能です。