I-O DATA、IPv6 IPoE対応ルーターに安価な新モデルを追加

ニュース新製品

株式会社アイ・オー・データ機器は12月4日、無線LANルーター「WN-DX1167R」を発表しました。

12月中旬に発売される予定です。

PC・スマホ・TVを快適ネット接続!最大3年保証の高速Wi-Fiルーターが登場 | IODATA アイ・オー・データ機器

スポンサーリンク

WN-DX1167Rは「AC1200」クラスの無線LANルーターで、5GHz帯でIEEE 802.11acによる最大867Mbpsの、2.4GHz帯でIEEE 802.11nによる最大300Mbpsの通信が可能です。

NTT東西のフレッツ光ネクスト網におけるIPv6 IPoE通信、及びMAP-E・DS-LiteによるIPv4 over IPv6通信にも対応します。

他にも電波放射に死角を生じさせないとする「360コネクト」や、ビームフォーミング・MU-MIMOに対応するなど、同じく「AC1200」クラスであるWN-AX1167GR2に近い仕様となっています。

ただしWAN端子が1000BASE-T、LAN端子(4基)が100BASE-TXまでの構成になっており、VPNサーバー機能も削除されるなど、いくつかの点でWN-AX1167GR2と差別化が図られています。

その分価格はWN-AX1167GR2よりも低く設定されており(I-O DATAサイトでの価格はWN-AX1167GR2が8,300円、WN-DX1167Rが6,600円)、IEEE 802.11ac/IPv6 IPoE対応機種の中でのエントリーモデルという位置付けになると思われます。

コメント