I-O DATA、IPv4 over IPv6対応の低価格ルーターに1年保証モデルを追加

ニュース新製品

6月21日現在、Amazon.co.jpでI-O DATAの無線LANルーター「WN-SX300GR/E」の予約注文受付が行われています。

6月28日に発売される予定です。

WN-SX300GR/E | Wi-Fi(無線LAN)ルーター | IODATA アイ・オー・データ機器

スポンサーリンク

WN-SX300GR/EはIEEE 802.11n対応の無線LANルーターで、WAN端子(1基)・LAN端子(3基)の全てが1000BASE-Tに対応しています。
ただし5GHz帯での通信には対応しておらず、無線LAN利用時の通信速度は最大300Mbps(2.4GHz帯/HT40/2ストリーム時)となります。

インターネットへの接続方式としてNTT東西のフレッツ光ネクスト網におけるIPv6 IPoEに対応しており、

  • 「transix」(インターネットマルチフィード)
  • 「v6プラス」(日本ネットワークイネイブラー)
  • 「OCNバーチャルコネクト」(NTTコミュニケーションズ)
  • 「IPv6オプション」(ビッグローブ)

の各サービスでMAP-E又はDS-LiteによるIPv4 over IPv6通信を利用できます。

2019年5月に発表されたWN-SX300GRとほぼ同一の製品であり、違いは保証期間がWN-SX300GRの3年間(要ユーザー登録)から1年間に短縮されている点のみです。

I-O DATAの無線LANルーターは過去にも保証期間を短縮したモデルが投入されており、WN-AX2033GR2/E・WN-AX1167GR2/EWN-DX1167GR/Eが存在します。

コメント