So-net、世界最速20Gbpsの「NURO 光 20Gs」を発表・5月より受付開始

ニュース 新サービス

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(So-net)は3月31日、インターネット接続サービス「NURO 光 20Gs」を発表しました。

2020年5月より申込受付が開始され、2020年夏以降に提供が開始される予定です。

NURO 光 20Gs | NURO 光

ソニーネットワークコミュニケーションズ、世界最速インターネット『NURO 光』 最大通信速度上り下り概ね20Gbpsの新プラン提供について

スポンサーリンク

「NURO 光」では最大10Gbpsの通信サービスとして「NURO 光 10G」(XG-PON・下り最大10Gbps/上り最大2.5Gbps)と「NURO 光 10Gs」(XGS-PON・上下最大概ね10Gbps)が提供されていますが、今回提供される「NURO 光 20Gs」の通信速度は局舎側OLTとユーザー側ONUの間で上下最大概ね20Gbpsとなり、2020年3月時点の個人向けFTTHインターネット接続サービスとしては国内最速・世界最速とされています。

サービス開始時点の提供対象エリアは「NURO 光」の他品目や「フレッツ 光クロス」および最大10Gbpsの「光コラボレーションモデル」サービスよりも非常に狭く、東京都港区・豊島区(一部地域除く)に限られています。
建物は戸建ておよび5階建て以下のマンションが対象となります。

月額料金は7,743円、契約事務手数料は3,000円、基本工事費は60,000円(1,000円×60ヶ月の支払い・1,000円/月×60ヶ月の『工事費相当割引』が存在)となっています。

継続契約期間は設定されていませんが、基本工事費の分割支払中に解約した場合は工事費の残額が一括で請求されます。

新規開発された宅内機器は最大4.8GbpsのIEEE 802.11ax(“Wi-Fi 6”)に対応し、10GBASE-T端子をLAN側に2基搭載したものが提供されるとのことで、現在「スマートセット」で提供されているSONY NSD-G1000Tやその他宅内機器とは根本的に異なる製品となるようです。

コメント