TP-Link、11ax("Wi-Fi 6")対応ルーターにアンテナが増えた新モデルを追加

ニュース 新製品

TP-Linkのグローバル版ウェブサイトにおいて、無線LANルーター「Archer GX90」「Archer AX90」「Archer AX60」および無線LAN中継機「RE605X」の製品ページが公開されています。

Archer GX90 | AX6600 Tri-Band Wi-Fi 6 Gaming Router | TP-Link
Archer AX90 | AX6600 Tri-Band Wi-Fi 6 Router | TP-Link
Archer AX60 | AX3600 Tri-Band Wi-Fi 6 Router | TP-Link
RE605X | AX1800 Wi-Fi Range Extender | TP-Link

スポンサーリンク

Archer GX90

「Archer GX90」は「Wi-Fi 6 Gaming Router」とされており、同じくゲーミング向けの製品として現在販売されているArcher AX11000・Archer C5400X(共に国内発売済み)に近いデザインの筐体・アンテナですが、天面の形状が一部変更されています。

上記2モデルと同じく5GHz帯2波と2.4GHz帯1波のトライバンド構成で、5GHz帯1で最大4,804Mbps、5GHz帯2で最大1,201Mbps、2.4GHz帯で最大574Mbpsの通信に対応する「AX6600」クラスとなっています。

また、WAN端子が2.5GBASE-Tに対応する点は変わらないものの、LAN端子の数が3基に削減され、CPUもクアッドコア 1.5GHz駆動のものに変更されています。

Archer GX90Archer AX11000Archer C5400X
最大通信速度
(5GHz帯1)
4,804Mbps
(IEEE 802.11ax)
4,804Mbps
(IEEE 802.11ax)
2,167Mbps
(IEEE 802.11ac)
最大通信速度
(5GHz帯1)
1,201Mbps
(IEEE 802.11ax)
4,804Mbps
(IEEE 802.11ax)
2,167Mbps
(IEEE 802.11ac)
最大通信速度
(2.4GHz帯)
574Mbps
(IEEE 802.11ax)
1,201Mbps
(IEEE 802.11ax)
1,000Mbps
(IEEE 802.11n)
WAN端子2.5GBASE-T x 12.5GBASE-T x 11000BASE-T x 1
LAN端子1000BASE-T x 31000BASE-T x 81000BASE-T x 8
CPUクアッドコア 1.5GHzクアッドコア 1.8GHzクアッドコア 1.8GHz
Archer GX90/AX11000/C5400Xの主な仕様

Archer AX90

「Archer AX90」はクラスの近い現行製品であるArcher AX6000と趣の異なるデザインで、放射状のパターンが入った筐体に三角柱のような形状の外部アンテナを8基備える一種異様な外観です。

最大4,804+1,201+574Mbpsの「AX6600」クラス、2.5GBASE-T対応のWAN端子(1基)と1000BASE-T対応のLAN端子(3基)、クアッドコア 1.5GHz駆動のCPU搭載といった仕様はArcher GX90と共通です。

製品概要に以下の記述が見られることから、暗号化方式としてWPA3に対応すると思われます。

WPA3 reinforces Wi-Fi encryption for improved security.

https://www.tp-link.com/en/home-networking/wifi-router/archer-ax90/

Archer AX60

「Archer AX60」はArcher AX50/AX10と一部デザインの異なる筐体で、8基のアンテナを備えるArcher GX90/AX90に対し6基の外部アンテナを備えています。

デュアルバンドのArcher AX50に近い型番ですがトライバンド構成で、5GHz帯1で最大1,201Mbps、5GHz帯2で最大1,802Mbps、2.4GHz帯で最大574Mbpsの通信に対応する「AX3600」クラスとなっています。

WAN端子(1基)・LAN端子(4基)はいずれも1000BASE-Tまでの対応で、CPUは他の2モデルと同様にクアッドコア 1.5GHz駆動のものが搭載されます。

Archer AX90と共通のWPA3に関する表記の他、このモデルに限り「HomeCare Pro」の表記が確認できます。
既存の「HomeCare」とは異なるセキュリティ・ペアレンタルコントロール・QoS制御関連の機能と思われますが、詳細は明らかにされていません。

RE605X

「RE605X」はIEEE 802.11axに対応する無線LAN中継機で、2019年1月のCES 2019でアナウンスされた「RE705X」同年9月のIFA 2019でアナウンスされた「RE505X」のどちらとも異なる型番ですが、周波数帯の構成はRE705Xと同じく最大1,201+574Mbpsの「AX1800」クラスです。

1基の1000BASE-T対応LAN端子を備える他、メッシュネットワーク構築機能「OneMesh」にも対応するようです。

Deco X60/Deco X20

この他、RE505Xと同じくIFA 2019でアナウンスされた「Deco X60」「Deco X20」についても製品ページが公開されており、Deco X20については製品の主要な情報も公開されています。

Deco X60 | AX3000 Whole Home Mesh Wi-Fi System | TP-Link
Deco X20 | AX1800 Whole Home Mesh Wi-Fi System | TP-Link

Deco X60が最大2,402+574Mbpsの「AX3000」クラス、Deco X20が最大1,201+574Mbpsの「AX1800」クラスで、どちらも従来のDecoシリーズとは異なる背の低い円筒状の筐体になることは既に公表されていましたが、以下の記述より両モデルともWPA3に対応するようです。

Total Security: WPA3 encryption and TP-Link HomeCareTM provide personalized features, including Parental Controls, Antivirus, and Quality of Service (QoS) to ensure a safer online experience.

https://www.tp-link.com/en/home-networking/deco/deco-x60/

コメント