TP-Link、IEEE 802.11ax対応ルーター2機種を発表

ニュース新製品
Archer AX11000

TP-Linkはドイツで開催されているIFA 2018に合わせ、無線LANルーター「Archer AX11000」「Archer AX6000」を発表しました。

TP-Link kündigt zwei Router der 802.11ax Serie an – TP-Link

スポンサーリンク

Archer AX11000とArcher AX6000はどちらもIEEE 802.11axに対応し、速度の構成は以下の通りです。

  • Archer AX11000
    • 5GHz帯 1:最大4,804Mbps(IEEE 802.11ax HE160 4ストリームMIMO)
    • 5GHz帯 2:最大4,804Mbps(同上)
    • 2.4GHz帯:最大1,148Mbps(IEEE 802.11ax HE40 4ストリームMIMO )
  • Archer AX6000
    • 5GHz帯:最大4,804Mbps(IEEE 802.11ax HE160 4ストリームMIMO)
    • 2.4GHz帯:最大1,148Mbps(IEEE 802.11ax HE40 4ストリームMIMO)

無線部分以外の仕様は両モデルで共通のものが多く、

  • CPU:64bit クアッドコア 1.8GHz駆動
    • コプロセッサ:3基
  • RAM:1GB
  • WAN端子:1基(RJ-45・最大2.5Gbps・NBASE-T/IEEE 802.3bz)
  • LAN端子:8基(RJ-45・最大1Gbps・最大2ポートのリンクアグリゲーション対応)
  • USB端子:USB 3.0 Standard-A x 1基、USB 3.0 Type-C x 1基
  • セキュリティ・ペアレンタルコントロール機能:TP-Link HomeCare
  • 外部連携機能:Amazon Alexa・IFTTT
  • Bluetooth:対応(設定用、バージョン不明)

となっています。

ドイツではどちらも2019年の第1四半期に発売されるようですが、その他の地域での販売予定は不明です。

コメント