ヤマハ、WPA3対応のアクセスポイント新製品を発表

ニュース 新製品

ヤマハ株式会社は4月13日、無線LANアクセスポイント「WLX212」を発表しました。

希望小売価格は39,800円(税抜)で、2020年7月に発売される予定です。

オンプレミスに加え、新たにクラウド型管理にも対応したモデルが登場 ヤマハ 無線LANアクセスポイント『WLX212』 セキュリティ機能を強化し、さまざまな設置環境にも柔軟に対応、7月発売

スポンサーリンク

従来製品の「WLX202」と同じくヤマハの無線LANアクセスポイントではエントリーモデルに位置付けられ、価格もWLX202と同額に設定されています。

筐体デザインはWLX202を含む現行製品から変更されており、ホワイトのほかブラックの筐体も用意されます。
壁掛けや天井設置以外にも、付属のスタンドによる卓上設置に対応しています。

5GHzでIEEE 802.11acによる最大867Mbps(2ストリーム/80MHz)、2.4GHz帯でIEEE 802.11nによる最大400Mbpsの通信に対応する「AC1300」クラスの構成を採っており、接続台数の公称値は各帯域50台・計100台とされます。

現行モデル「WLX313」と同じくWPA3(WPA3-Personal/WPA3-Enterprise)およびEnhanced Openに対応し、最大200件までの登録が可能な簡易RADIUSサーバー機能を内蔵しています。

LAN端子(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応)・コンソール端子は各1基で、別売のインジェクター(YPS-PoE-AT)によるPoE受電動作も可能です。

オンプレミスでの管理に加え、クラウドベースの「Yamaha Network Organizer(YNO)」での管理がサポートされます。

コメント