ヤマハ、トライバンド11ax(Wi-Fi 6)/10GbE対応AP「WLX413」を3月に発売

ニュース 新製品

ヤマハ株式会社は1月18日、無線LANアクセスポイント「WLX413」を発表しました。

希望小売価格は248,000円(税別)で、2021年3月に発売される予定です。

Wi-Fi 6対応・トライバンド搭載、最大500台の端末を接続可能な最上位モデル ヤマハ無線LANアクセスポイント『WLX413』 最新規格のIEEE802.3btに対応したPoEインジェクターと併せて、2021年3月発売

WLX413 特長

スポンサーリンク

WLX413はヤマハの無線LANアクセスポイントでは初となるIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)対応製品で、5GHz帯1でIEEE 802.11axによる最大2,402Mbps(4ストリーム/80MHz)、5GHz帯2で同2,402Mbps、2.4GHz帯で同1,147Mbps(4ストリーム/40MHz)の通信に対応する「AX6000」クラスに属し、IEEE 802.11ac世代のトライバンド機であるWLX313の最大150台(5GHz帯:50台×2・2.4GHz帯:50台)を大きく上回る最大500台(5GHz帯:200台×2・2.4GHz帯:100台)の接続が可能とされています。

また、WLX313と同じく「Fast DFS」機能を備えており、レーダー波を検出した際に5GHz帯のチャンネルを切り替えて通信を継続することができます。

LAN端子は10GBASE-T/5GBASE-T/2.5GBASE-T/1000BASE-T/100BASE-TXに対応しており、IEEE 802.3at/bt準拠のPoE受電もサポートされています。
(IEEE 802.3atによる給電で動作するのはデュアルバンドまたはFast DFSモード運用時に限られ、トライバンドでの運用には同時に発表された『YPS-PoE-BT』等のIEEE 802.3bt対応PoEインジェクターや、別売の電源アダプタが必要となります)