エレコム、Wi-Fi 6ルーター「WRC-X5400GS-B」を発売・5GHz帯は同社製品で過去最速に

ニュース新製品

エレコム株式会社は2021年10月19日、無線LANルーター「WRC-X5400GS-B」を発表しました。

2021年10月下旬に発売される予定です。

Wi-Fi 6(11ax) 4804+574Mbps Wi-Fi ギガビットルーター - WRC-X5400GS-B

複数台接続でも高速安定通信!Wi-Fi 6 & トリプルコアCPUで従来モデルに比べ約4倍の高速通信を可能にするWi-Fi 6(11ax) 4804+574Mbps Wi-Fiギガビットルーターを新発売 - 最新情報 - 新製品情報|ELECOM

スポンサーリンク

WRC-X5400GS-Bは5GHz帯でIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)による最大4,803Mbps(4ストリーム/160MHz)、2.4GHz帯で同574Mbps(2ストリーム/40MHz)の通信に対応するデュアルバンド「AX5400」クラスに属し、MU-MIMOおよびビームフォーミング(『ビームフォーミングZ』)をサポートしています。

従来のエレコム製無線LANルーターにおける5GHz帯の最大通信速度はWRC-X3200GST3-BWRC-X3000GSN(WRC-X3000GS)の2,402Mbpsであるため、5GHz帯についてはWRC-X5400GS-Bがエレコム製品で最も高速なモデルとなります。CPUは3コア 1.5GHz(Broadcom BCM6750/BCM6752?)で、この点も2コアCPUが多い従来のエレコム製品と異なります。

無線LANの暗号化方式はWPA3-Personal・WPA2-Personal・WPA-Personalに対応しています。

WAN端子は1基、LAN端子は4基でいずれも1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応です。USB端子は備わっていません。フレッツ網におけるIPv4 over IPv6接続サービスは「transix」・「v6プラス」・「IPv6オプション」・「OCNバーチャルコネクト」・「クロスパス」・「v6 コネクト(固定IP)」に対応します。

ペアレンタルコントロール機能「こどもネットタイマー3」は利用可能ですが、WRC-X3200GST3-Bがサポートしているセキュリティ機能「Trend Micro Smart Home Network」・QoS制御機能「らくらくQoS」には非対応です。(端末間の通信をブロックする『セキュリティーWi-Fi』は利用可)

ルーターモード・アクセスポイントモードに加えて既存のアクセスポイントと無線接続を行う「クライアントモード」が実装されており、イーサネットコンバータや中継機として利用できます。