I-O DATA、全ポートGbE対応の「WN-PL1167EX03」を公開

ニュース 新製品

株式会社アイ・オー・データ機器のウェブサイトにおいて、無線LANルーター「WN-PL1167EX03」の製品ページが公開されています。

WN-PL1167EX03 | Wi-Fi(無線LAN)ルーター | IODATA アイ・オー・データ機器

スポンサーリンク

I-O DATAは2019年1月に株式会社NTTぷららとの連携を発表し、これまでに「WN-PL1167EX01」「WN-PL1167EX02」の2機種が投入されており、どちらもNTTぷららが提供するIPv6 IPoE/IPv4 over IPv6通信サービス「ぷららv6エクスプレス」の動作確認済み製品となっています。

WN-PL1167EX03の外観はWN-PL1167EX01・EX02と共通ですが、これまでの製品やWN-DX1167Rでは100BASE-TXまでの対応に留まっていた4基のLAN端子が1000BASE-Tに対応しています。
(WAN端子はいずれも1000BASE-T対応で共通)

5GHz帯で最大867Mbps(ビームフォーミング/MU-MIMO対応)、2.4GHz帯で300Mbpsの通信が可能な「AC1200」クラスであり、消費電力がWN-PL1167EX01・EX02の8.8Wから10Wに変更されたことも含みWN-AX1167GR2の仕様に近付いているものの、WN-AX1167GR2が対応しているVPNサーバー機能は備わっておらず、フィルタリング機能についても無料期間は設定されておらず別途ライセンス購入が必要とされています。


なお、2019年11月下旬~12月上旬にWN-PL1167EX01・WN-PL1167EX02向けのファームウェア Ver.1.10が配信されており、どちらにも「IPv6接続時の速度向上」が含まれています。

WN-PL1167EX01 ファームウェア | ソフトウェア | サポートライブラリ | IODATA アイ・オー・データ機器
WN-PL1167EX02 ファームウェア | ソフトウェア | サポートライブラリ | IODATA アイ・オー・データ機器

文言としてはWN-AX1167GR2向けに「IPv6ブースト」対応ファームウェアが配信された際のものと同じですが、WN-PL1167EX01・WN-PL1167EX02は同機能が発表された時点での対応機種には含まれておらず、「IPv6ブースト」と完全に同一のものかは定かではありません。

コメント