motorola、58,800円のSD870搭載・5G/Wi-Fi 6対応スマートフォン「moto g100」を国内で発売

ニュース 新製品

モトローラ・モビリティ・ジャパン合同会社は5月13日、Androidスマートフォン「moto g100」(イリディセントスカイ : PAM80029JP)を発表しました。

価格は58,800円(税込)で5月28日に発売される予定です。

moto g100 - Android スマートフォン | motorola JP

ヨドバシ.com - モトローラ Motorola moto g100 PAM80029JP [SIMフリースマートフォン 6.7インチ/Android 11/メモリ 8GB/内部ストレージ 128GB/イリディセントスカイ]

スポンサーリンク

moto g100は2021年3月に発表された製品で、中国市場向けの「motorola edge s」と同じくQualcomm Snapdragon 870を搭載しており、国内で正規に発売されるAndroidスマートフォンとしては初のSnapdragon 870搭載例です。
(同じくSnapdragon 870を搭載するBlack Shark 4についても国内正規代理店からの発売が予告されています

RAMはLPDDR5 8GB、内蔵ストレージはUFS 3.1 128GBで、最大1TBのmicroSD/microSDHC/microSDXCカード(2枚目のnanoSIMカードと排他仕様)による拡張が可能です。

6.7インチ 1080×2580ピクセルの90Hz駆動対応ディスプレイを備えるほか、本体のUSB Type-C端子と外部ディスプレイを接続しキーボード・マウスで操作を行える「Ready For」にも対応しています。

移動体通信方式として5G NR/LTE/W-CDMA/GSMに対応しており、5GはいずれもSub-6のn1/n3/n5/n7/n8/n28/n38/n41/n66/n77/n78を利用可能です。
LTEの対応BandはB1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B32/B34/B38/B39/B40/B41/B42/B43/B66で、キャリアフリーのAndroidスマートフォンとしては比較的珍しくTDD-LTE Band42(3.5GHz)がサポートされています。

無線LANはIEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n、Bluetoothは5.1に対応し、外部接続端子としてUSB 3.1 Type-C端子と3.5mmステレオミニジャックを備えています。バッテリー容量は5,000mAhで付属チャージャーによる20W給電が可能です。