【追記】11ax("Wi-Fi 6")に対応する新型光BBユニットの「EWMTA2.4」が認証情報に出現

ニュース 認証情報

2月26日現在、Wi-Fi Allianceが公開している「Product Finder」内に「SoftBank Corporation」の「EWMTA2.4」が掲載されています。

Product Finder Results | Wi-Fi Alliance(『SoftBank Corporation』の機器一覧)

※2020/07/29追記:本記事は2020年3月までの内容となっています。最新の情報は
「新型光BBユニット「E-WMTA2.4」と従来モデルの違い」を御覧下さい。

スポンサーリンク

「EWMTA2.4」は2019年11月時点でProduct Finderに掲載されており、この時点での認定対象プログラムはWi-Fi CERTIFIED ac/a/b/g/n・WPA3-Personal等となっていました。

今回の更新ではCertification IDは変更されず認定プログラムに「Wi-Fi CERTIFIED 6」が追加されており、IEEE 802.11ac/a/b/g/nに加えてIEEE 802.11ax("Wi-Fi 6")に対応する機器であると思われます。

型番よりソフトバンクが固定通信サービス向けに提供する「光BBユニット」の新型と見られることは変わらないものの、2月26日時点でソフトバンクから公開されている光BBユニットは「E-WMTA2.3」までとなっています。
各種機器の接続設定方法|Yahoo! BB 光 with フレッツ/Yahoo! BB 光 フレッツコース|接続と設定|Yahoo! BBサービス
光BBユニットレンタルのお手続き | オプションサービスのお手続き | SoftBank


※2020/03/24追記分

「光BBユニット(E-WMTA2.4)」のページに「現在はトライアル対象者向けのみの提供で、現行光BBユニットからE-WMTA2.4への変更は受け付けていない」旨の表記が追加されています。

光BBユニット(E-WMTA2.4)|お客様サポート|インターネット|ソフトバンク

※2020/03/24追記分終了


※2020/03/20追記分

ソフトバンクのウェブサイトで「光BBユニット(E-WMTA2.4)」における通信規格の変更方法が公開されています。
5GHz帯でIEEE 802.11ax/ac/a/n、2.4GHz帯でIEEE 802.11ax/b/g/nに対応することが確認できます。

光BBユニット(E-WMTA2.4)|お客様サポート|インターネット|ソフトバンク

※2020/03/20追記分終了


※2020/03/13追記分

3月13日現在、ソフトバンクのウェブサイトで公開されているFAQに「光BBユニット2.4(E-WMTA2.4)」の記載が確認できます。
認証情報以外への出現が確認できたため、遠くない内に正式な発表があると思われます。

[SoftBank 光]Wi-FiのSSID/パスワードの確認・変更方法を教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

※2020/03/13追記分終了


※2020/03/05追記分

各種認証情報を確認していたところ、「Sercomm Corporation」の「EVO2.4」2019年5月にJATEの認証を、2019年4月・10月にTELEFICATION B.V.による工事設計認証を通過していました。
「EVO2.4」についてはWi-Fi Allianceの認証情報にも「EWMTA2.4」と合わせて記載されているため、「EVO2.4」=「EWMTA2.4」と思われます。

総務省 電波利用ホームページ | 技術基準適合証明等を受けた機器の検索(『EVO2.4』の検索結果)

工事設計認証通過時の詳細な資料が公開されており、筐体デザインは既存の光BBユニット(E-WMTA2.3)と共通ですが、一部ランプの内容が変更されています。

「Japan DFS Test Report」「Japan Test Report」には認証時の帯域・アンテナ構成や通信規格の記述があり、少なくとも5GHz帯でIEEE 802.11ax/ac/a/nに対応しIEEE 802.11axは160MHz幅までに対応、アンテナは5GHz帯と2.4GHz帯で各4基(共用分を含む)の構成を採っている機器のようです。

仮に5GHz帯が4ストリーム/160MHz幅で構成されている場合、IEEE 802.11ax利用時の通信速度は最大4,800Mbpsとなります。

2020/03/05追記分終了


なお、NTT東西が2020年4月から東京都・大阪府の一部地域で提供を開始する「フレッツ 光クロス」でもIEEE 802.11ax(および10GBASE-T)に対応する無線LANルーターがオプションとして提供される予定です。

コメント