ASUS、トライバンド/2.5GbE対応11axルーター「GT-AX11000」を国内で発売

ニュース新製品

ASUS JAPAN株式会社は5月31日、無線LANルーター「ROG Rapture GT-AX11000」を発表しました。

既に販売が開始されています。

ROG Rapture GT-AX11000 | Wi-Fi | ASUS 日本

スポンサーリンク

GT-AX11000はIEEE 802.11ax(“Wi-Fi 6”)に対応する無線LANルーターで、ASUSの国内向け11ax対応製品としては初めてのトライバンド構成となり、5GHz帯1で最大4,804Mbps、5GHz帯2で最大4,804Mbps、2.4GHz帯で最大1,148Mbpsの通信が可能な「AX11000」クラスです。
(5GHz帯は4ストリーム/HE160、2.4GHz帯は4ストリーム/HE40までの対応)

同クラスの製品にはNETGEARの「Nighthawk Tri-band AX12 RAX200」やTP-Linkの「Archer AX11000」がありますが、いずれも国内では発売されていないため、2019年5月現在はGT-AX11000が唯一のトライバンド対応11axルーターとなります。

また、いずれも1000BASE-Tまでの対応となる1基のWAN端子と4基のLAN端子に加え、2.5GBASE-T(IEEE 802.3bz)による最大2.5Gbpsの通信に対応する独立したLAN端子が1基備わっており、WAN端子としても利用できるようになっています。

セキュリティ機能「AiProtection」やVPNサーバー機能などは従来のASUS製ルーターと同様に利用でき、本体のLEDを任意の配色・パターンで点滅させることも可能です。

コメント