BUFFALOのメッシュネットワーク製品にルーターとコンセント直挿し中継機のセットが追加

ニュース 新製品

株式会社バッファロー(BUFFALO)は4月22日、メッシュネットワーク製品「WRM-D2133HS/W1S」を発表しました。

WRM-D2133HS/W1S : Wi-Fiルーター : AirStation coneect | バッファロー

スポンサーリンク

従来の「WRM-D2133HP/E1S」と同じく、「AirStation connect」ブランドのメッシュネットワーク対応ルーター1台と専用中継機1台をセットにした商品です。

ルーター側のWRM-D2133HSは2020年1月に発売された製品で、5GHz帯でIEEE 802.11acによる最大1,733Mbps(4ストリーム/160MHz)、2.4GHz帯でIEEE 802.11nによる最大400Mbps(2ストリーム/40MHz/256QAM)の通信に対応し、デジオンの「DiXiM Security Powered by Kaspersky」を用いたセキュリティ機能「ネット脅威フィルター プレミアム」が1年間無料で利用可能です。

中継機側のWEM-1266WPは5GHz帯でIEEE 802.11acによる最大866Mbps(2ストリーム/80MHz幅)、2.4GHz帯でIEEE 802.11nによる最大400Mbpsの通信に対応し、電源アダプタ・ケーブルを必要とせずコンテントに直接繋ぐタイプの製品となっています。

コメント