【2022年版】各メーカーのWi-FiルーターでVPNを使う方法/対応有無

市販の無線LAN/Wi-Fiルーター、及び有線のみ対応のルーターにおけるVPN(主にPPTP・OpenVPN・L2TP/IPsec・IKEv2/IPsecによるリモートアクセスVPN)対応の有無、(対応している場合の)VPN使用方法の一覧です。

スポンサーリンク

一覧表

特定のプロトコルに対応する製品があるかどうかをメーカーごとに分類した表です。

当該メーカーのすべての製品が対応していることを示すものではありません。

PPTPL2TP/IPsecOpenVPNIKEv2/IPsecIPsec
(拠点間VPN)
備考
バッファロー
(AirStation)
法人向け
有線製品のみ

NEC-PF
(Aterm)
UNIVERGE」は
VPN対応
エレコム
I-O DATA法人向け製品のみ法人向け
有線製品のみ

PLANEX有線製品のみ有線製品のみ有線製品のみ有線製品のみ
ASUS
NETGEAR
TP-Link法人向け製品のみ法人向け製品のみ
Synology
QNAP

バッファロー

Wi-Fi 6モデルはL2TP/IPsecのみ対応

バッファローから2019年以降に発売されたIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)対応ルーターの内、型番が「WXR」で始まる上位機種はL2TP/IPsec VPNサーバー機能を備えています。ただしNTT東西のフレッツ網上でVNE各社が提供するIPv4 over IPv6接続サービスを利用している場合、VPNサーバー機能は利用できません。

また、2018年以降に発売された「AirStation connect」シリーズのメッシュネットワーク対応ルーターにもVPNサーバー機能が実装されています。

第4章 VPNサーバー機能 - WXR-6000AX12Sシリーズ ユーザーマニュアル

  • WXR-6000AX12S / WXR-6000AX12B / WXR-5950AX12
  • WXR-5700AX7S / WXR-5700AX7B
  • WTR-M2133HP / WTR-M2133HS
  • WRM-D2133HP / WRM-D2133HS

WSR-5400AX6SやWSR-1800AX4Sなど、型番が「WSR」で始まるミドルレンジ以下のWi-Fi 6ルーターはVPNサーバー機能に非対応です。

Wi-Fi 5モデルは一部を除きPPTP対応

IEEE 802.11ac(Wi-Fi 5)・IEEE 802.11n(Wi-Fi 4)世代のルーターの内、型番が「WXR」・「WZR」から始まるモデルは複数の機種がVPNサーバー機能を備えており、標準でPPTPによるVPN接続を行えます。

型番がWSRから始まる機種(WSR-2533DHP/WSR-1166DHP2等)やWCRから始まる機種(WCR-1166DS)、WHRから始まるIEEE 802.11ac対応機種(WHR-1166DHP/DHP2/DHP3等)は対応していないため注意が必要です。

Windows 10 のパソコンから、PPTPサーバーへ接続できません(Wi-FiルーターのPPTPサーバー機能利用) | バッファロー
(ページ下部にPPTP対応機種の一覧あり)

有線のみのVPNルーターあり

2022年に発売された法人向け10GbE対応有線ルーターのVR-U500X、およびWi-Fi 6対応ルーターのVR-U300WはどちらもIPsecによる拠点間VPN接続をサポートしており、今後のファームウェアアップデートでL2TP/IPsecによるリモートアクセスVPNにも対応予定です。

また、VR-M2000シリーズおよび文教向けのVR-M2000-EDUもL2TP・L2TP/IPsecに対応しています。

ひかりTVショッピング | UTM機能搭載 VPNルーター VR-M2000|BUFFALO

NEC

AtermシリーズはVPNサーバー非対応

NECプラットフォームズが販売している「Aterm」シリーズの個人向け無線LANルーターはVPNサーバーとして利用できません。VPNパススルーには対応しているので、LAN内に別途VPNサーバーを構築しポートマッピングを設定してVPN接続を行うことになります。

IPsecまたはPPTPによるVPN接続を使用することにより、インターネットを経由してLAN側のIPsec機器/PPTPクライアントからWAN側のIPsec機器/PPTPサーバにアクセスすることができます。また、本商品の動作モードがPPPoEルータモードまたはローカルルータモードの場合は、WAN側のIPsec機器/PPTPクライアントからLAN側のIPsec機器/PPTPサーバにアクセスするように設定することも可能です。

https://www.aterm.jp/function/wx5400hp/guide/vpn.html

VPNパススルー機能|Aterm®WX5400HP ユーザーズマニュアル

固定回線向けHGWも非対応

NECプラットフォームズは「auひかり」などのインターネット接続サービス向けにルーター機能を持つホームゲートウェイ(BL1000HW/BL1001HW/BL1500HM/WH842X等)を提供していますが、こちらもVPNサーバー機能を備えていません。VPNパススルーに対応している点は市販のAtermシリーズと同等です。

VPNパススルー機能|Aterm®BL1000HW 機能詳細ガイド

VPNパススルー機能|Aterm®WH842X 機能詳細ガイド

エレコム

VPNパススルーは多くの製品でサポートされていますが、現行の無線LANルーターでVPNサーバー機能を搭載しているものは皆無です。VPNパススルーに関する設定項目は用意されておらず、初期状態でLAN内のVPNクライアントから外部ネットワークのVPNサーバーへ接続を行えます。

【ネットワーク】VPNパススルーに対応していますか?

I-O DATA

Wi-Fi 5世代の一部はL2TP/IPsecに対応

EEE 802.11ac(Wi-Fi 5)世代の製品の内、以下のモデルはL2TP/IPsecによるリモートアクセスに対応しています。(いずれもIPv6/IPv4 over IPv6インターネット接続時は利用できません)

  • WN-TX4266GR / WN-TX4266GR-D
  • WN-DX2033GR
  • WN-DX1167GR
  • WN-AX2033GR2
  • WN-AX1167GR2

WN-TX4266GR 詳細ガイド | アイ・オー・データ機器

WN-DX2033GR 詳細ガイド | アイ・オー・データ機器
WN-DX1167GR メッシュ親機 詳細ガイド | アイ・オー・データ機器

WN-AX2033GR2 詳細ガイド|外出先から自宅のネットワークにアクセスする(VPNリモートアクセス)
WN-AX1167GR2 詳細ガイド|外出先から自宅のネットワークにアクセスする(VPNリモートアクセス)

10GbE対応のWN-DAX3600XR、2.5GbE対応のWN-DAX3600QR・WN-DAX3000QRなど、IEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)対応ルーターは上位モデルでもVPNサーバー機能を備えていません。

有線のみのVPNルーターは生産終了

無線LANルーターとは別にETG3-RシリーズなどのVPN対応有線ルーターが販売されていましたが、2018年に生産が終了しています。

特殊なVPN対応製品も

法人を対象にした「特定用途向け」製品として、IPsecによる拠点間通信を行えるBX-VP1(生産終了)や、LTE通信とOpenVPNに対応したUD-LT1/EX・UD-LT2があります。

PLANEX

過去にはVPNサーバー機能を備える無線LANルーターや有線ルーターが発売されていましたが、2022年現在はいずれも販売を終了しています。

ASUS

現在日本で販売されているASUSの無線LANルーターは基本的にOpenVPN/PPTP/IPsecサーバー機能を備えています。IPsecサーバー機能ではIKEv2もサポートされており、IKEv2がデフォルトとなったAndroid 12以降の環境からもリモートアクセスが可能です。

RT-AX89X - スペック|Wi-Fi 6製品 |ASUS 日本

RT-AX82U - スペック|Wi-Fi 6製品 |ASUS 日本

RT-AX55 - スペック|Wi-Fi 6製品 |ASUS 日本

GT-AX11000やTUF-AX5400、TUF-AX3000などのゲーミングルーターはクライアント毎に異なるVPN接続先を設定する「VPN Fusion」にも対応しています。

VPNフュージョンの設定方法 | サポート 公式 | ASUS 日本

RT-AX88U

2022年8月より2018年に発売されたRT-AX88Uを対象とするβ版ファームウェアの配信が開始されました。正式版ではないものの「ASUSWRT 2022」と呼称されるアップデートによりWireGuardが利用可能になった他、ゲーミングルーター以外の製品では初めてVPN Fusionにも対応しています。

RT-AX88U|Wi-Fiルーター|ASUS 日本

[Wireless Router] How to set up WireGuard® server? | Official Support | ASUS Global

NETGEAR

国内で発売された無線LANルーターでは以下の機種がOpenVPNサーバー機能を備えており、リモートアクセスVPNを利用できます。

  • Nighthawk R7000
  • Nighthawk X4 R7500
  • Nighthawk X4S R7800
  • Nighthawk X6 R8000
  • Nighthawk X6S R8000P
  • Nighthawk X8 R8500
  • Nighthawk X10 R9000
  • Nighthawk AX4 RAX40
  • Nighthawk AX6 RAX50
  • Nighthawk Tri-band AX8 RAX70
  • Nighthawk AX8 RAX80
  • Nighthawk AX12 RAX120
  • Nighthawk Tri-band AX12 AX200
  • RAX20
  • RAX10
  • R6350/R6380

Orbi/Nighthawkシリーズ

メッシュネットワーク製品「Orbi」シリーズ・「Nighthawk」シリーズはOpenVPNサーバー機能を備えており、設定から有効にすることでOpenVPNによるリモートアクセスVPNを利用可能です。

WindowsクライアントからOrbi WiFiシステム上でVPNを使用する方法を教えてください。 | Answer | NETGEAR Support

TP-Link

国内で発売された製品では以下の機種がPPTP/OpenVPNによるVPNサーバー機能に対応しています。

  • Archer AX11000
  • Archer AX6000
  • Archer AX90 / Archer GX90
  • Archer AX73 / Archer AX72 / Archer AX4800
  • Archer AX55 / Archer AX53 / Archer AX50
  • Archer AX23 / Archer AX20
  • Archer AX10
  • Archer A9 / Archer C9
  • Archer A10 /Archer A10 Pro
  • Archer A2600 / Archer A2600 Pro
  • Archer C6
  • Archer C1200
  • Archer C2300
  • Archer C3150
  • Archer C4000
  • Archer C5400 / Archer C5400X

どのようにPPTP VPNサーバー機能を使用しますか? | TP-Link Japan

OpenVPNサーバー機能の利用に関して | TP-Link Japan

VPN対応の有線ルーターは「Omada」・「SafeStream」シリーズとして販売されています。

過去の「SafeStream」シリーズにはIEEE 802.11nに対応する無線VPNルーターの「TL-ER604W」が用意されていましたが、こちらの販売は既に終了しています。

Synology

SRM(Synology Router Manager)を搭載する無線LANルーター向けに「VPN Plus」としてVPN関連機能が提供されており、L2TP/IPsec・PPTP・OpenVPN・SSTPによるリモートアクセスVPNやIPsecによる拠点間VPNが利用可能です。

VPN Plus │ Synology Router Manager | Synology Inc.

QNAP

2020年に発売されたIEEE 802.11ax/10GBASE-Tルーター「QHora-301W」がL2TP/OpenVPNに加えてQNAP独自の「QBelt」をサポートしています。

GL.iNet

OpenWrtを搭載しVPNプロトコルとしてOpenVPN/WireGuardに対応する無線LANルーターが工事設計認証を通過した状態で販売されており、エントリーモデルのGL-MT300N-V2であれば2,000円強でVPN環境を構築できます。

番外1:ひかり電話ルーターをVPNサーバーとして使う

「フレッツ光」や光コラボを契約すると貸し出されるひかり電話ルーター/ホームゲートウェイ(HGW)にはVPNサーバー機能があり、機器を追加することなく簡単にVPN接続を行えます。

プロトコルはL2TP/IPsecで、VPN接続中のスマートフォンでひかり電話を利用することもできます。

なお、2020年4月に開始された上下最大概ね10Gbpsの「フレッツ 光クロス」で提供されるXG-100NEはVPNサーバー機能を備えていません。

番外2:VPNサーバーを構築する

SoftEther VPN Server

SoftEther VPN プロジェクトによって提供されている「SoftEther VPN Server」はWindows/macOS/Linuxに対応したソフトウェアで、インストールしたPCをVPNサーバーとして使うことができます。

リモートアクセス VPN - SoftEther VPN プロジェクト
SoftEther VPN Server マニュアル - SoftEther VPN プロジェクト

OpenVPN

SoftEther VPN Serverと同様、インストールしたPCをVPNサーバーとして利用できます。

OpenVPNのインストール(Windows編) | OpenVPN.JP

NASをVPNサーバーにする

QNAPやSynologyのNASはVPNサーバーとして利用できます。

QNAP NAS を VPN サーバーとして設定する方法 :: セキュリティ、インターネット ::NAS :: QNAP
VPN Serverの設定 - DiskStation Manager - ナレッジベース | Synology Inc.

Raspberry Pi等をVPNサーバーにする

Raspberry Piのような安価・省電力のシングルボードコンピュータをVPNサーバーとしてセットアップする事例も多数見られます。

Raspberry PiでのVPNサーバ構築