BUFFALOの法人向けAPがアップデートでWPA3に対応予定か

ニュース

Wi-Fi Allianceの認証済み機器一覧にBUFFALOの法人向け無線LAN製品5機種の認証情報が掲載されています。

Product Finder Search Results – Wi-Fi Alliance

スポンサーリンク

2月25日付で掲載されたのは

  • FS-M1266:「FREESPOT」導入キット
  • WAPS-1266:IEEE 802.11ac対応無線LANアクセスポイント
  • WAPM-1266R:IEEE 802.11ac対応無線LANアクセスポイント
  • WAPM-1266WDPR:IEEE 802.11ac対応屋外用無線LANアクセスポイント
  • WAPM-2133TR:トライバンド IEEE 802.11ac対応無線LANアクセスポイント

5機種4機種で、いずれも法人向けに発売されているIEEE 802.11ac対応の無線LAN製品です。

※2019/2/26追記:26日時点ではFS-M1266が確認できない状態となっています。

BUFFALO、トライバンド対応の法人向けWi-Fiアクセスポイントを正式発表
BUFFALOは1月25日、IEEE 802.11acに対応した法人向けWi-Fiアクセスポイントの新製品「WAPM-2133TR」を3月上旬に発売すると発表しました。 バッファロー初、トライバンドとDFS障害回避に対応。 「一人一台...
BUFFALO、DFS障害回避対応の屋内用アクセスポイントを発表
BUFFALOは5月24日、無線LANアクセスポイントの新製品「WAPM-1266R」を発表しました。 7月中旬に発売される予定です。 「DFS障害回避機能」と「干渉波自動回避機能」で 安定したWi-Fi通信を実現する 11ac対応...

今回の認証では対応する通信規格(IEEE 802.11ac・a/b/g/n)に変化はありませんが、「Security」のカテゴリに「WPA3-Personal」「WPA3-Enterprise」の項目が存在します。

また、「Connectivity」のカテゴリにはオープンな公衆無線LANアクセスポイントでセキュリティを確保する「Wi-Fi Enhanced Open」(OWE:Opportunistic Wireless Encryption)の記述もあります。

2019/2/25時点で各機種に提供されているファームウェアがv1.12であるのに対し、認証情報でのファームウェアバージョンはv1.14となっており、上記機種では今後ファームウェアアップデートでWPA3が利用可能になる可能性があると思われます。

コメント