日本で入手できるメッシュWi-Fiシステム12種+1の比較【2019年2月】

まとめ

2019年2月現在、日本で入手可能または発売予定のメッシュWi-Fiシステム12種(及びメッシュネットワーク構築機能1種)の比較です。

フレッツ光ネクストにおけるIPv6 IPoE通信の可否や、IEEE 802.11k/r/v・802.11s対応状況についても判明している範囲で記載しています。

TP-Linkの「Deco」シリーズに関してはこちらの記事も合わせてご覧下さい。

Deco M4・M5・M9 Plusの違い【メッシュWi-Fiルーター】
TP-Linkより発売されるメッシュネットワーク製品「Deco M4」「Deco M5」「Deco M9 Plus」の違いに関する記事です。他社のメッシュネットワーク製品も含むこちらの記事も合わせてご覧下さい。
スポンサーリンク

一覧

 Google WifiOrbiOrbi MicroDeco M5Deco M9 PlusDeco M4AirStation connect
WTR-M2133HP
+WEM-1266
AirStation connect
WRM-D2133HP
+WEM-1266
Velop
(WHW03)
Lyra TrioLyra miniAiMesh(RT-AC68U)MR2200ac
メーカーGoogleNETGEARNETGEARTP-LinkTP-LinkTP-LinkBUFFALOBUFFALOLinksysASUSASUSASUSSynology
最大通信速度(5GHz帯1)867Mbps866Mbps866Mbps867Mbps867Mbps867Mbps866Mbps1,733Mbps867Mbps1,300Mbps867Mbps1,300Mbps867Mbps
最大通信速度(5GHz帯2)非対応1,733Mbps(バックホール専用)866Mbps(バックホール専用)非対応867Mbps非対応866Mbps非対応867Mbps
(備考参照)
非対応非対応非対応867Mbps
最大通信速度(2.4GHz帯)300Mbps400Mbps400Mbps400Mbps400Mbps300Mbps400Mbps400Mbps400Mbps450Mbps400Mbps600Mbps400Mbps
MU-MIMO対応対応対応対応対応対応不明不明対応対応対応非対応対応
ビームフォーミング対応対応対応対応対応対応不明不明対応対応対応対応対応
5GHz帯 W53不明不明不明非対応不明不明対応対応(内蔵アンテナ)不明対応対応対応(現行版)対応
5GHz帯 W56不明対応(バックホール専用?)不明非対応不明不明対応(外部アンテナ)対応(内蔵アンテナ)不明対応対応対応(現行版)対応
IEEE 802.11k/v
(無線情報の計測/AP切替)
非準拠?準拠準拠準拠準拠準拠不明不明準拠?不明不明不明準拠
IEEE 802.11r
(AP間の切替高速化)
非準拠?不明不明準拠準拠準拠不明不明不明不明不明不明準拠
IEEE 802.11s
(メッシュ標準規格)
準拠不明不明不明不明不明不明不明不明不明不明不明
セキュリティ機能(悪質サイトのブロック、LAN内機器の保護等)非対応?非対応?非対応?対応(『HomeCare』/トレンドマイクロ)対応(『HomeCare』/トレンドマイクロ)不明対応対応非対応?対応(『AiProtection』/トレンドマイクロ)対応(『AiProtection』/トレンドマイクロ)対応(『AiProtection』/トレンドマイクロ)対応
ペアレンタルコントロール機能(接続可能時間の制限等)対応対応(『Circle with Disney』)対応(『Circle with Disney』)対応対応対応対応対応対応対応(『AiProtection』)対応(『AiProtection』)対応(『AiProtection』)対応
QoS制御(ゲーム・動画など特定トラフィックの優先)対応(備考参照)非対応?非対応?対応対応不明対応(『アドバンスドQoS』)対応(『アドバンスドQoS』)対応(備考参照)対応対応対応(備考参照)対応
ゲスト用SSIDの提供対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応
フレッツ光ネクスト網におけるIPv6 IPoE通信非対応非対応非対応非対応非対応非対応対応(MAP-E/DS-LiteによるIPv4 over IPv6含む)対応(MAP-E/DS-LiteによるIPv4 over IPv6含む)非対応非対応非対応非対応対応(DS-LiteによるIPv4 over IPv6含む)
WAN端子1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T/ルーターのみ)1基(1000BASE-T/ルーターのみ)1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T/ルーター)1基(1000BASE-T/ルーター)1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)
LAN端子1基(1000BASE-T)3基(1000BASE-T/ルーター)・4基(1000BASE-T/サテライト)1基(1000BASE-T/ルーター)・2基(1000BASE-T/サテライト)1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)3基(1000BASE-T/ルーター)3基(1000BASE-T/ルーター)1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)4基(1000BASE-T)1基(1000BASE-T)
販売単位1台、3台スタンダードキット(ルーター・サテライト各1台)、サテライト単体スタンダードキット(ルーター・サテライト各1台)、サテライト単体(Orbiと共通)1台、2台(Amazon限定)、3台、4台(3+1台)1台、2台2台ルーター単体、中継機単体、ルーター1台+中継機2台ルーター単体、中継機単体、ルーター1台+中継機1台3台1台、2台1台、2台ルーター単体1台
備考WAN・LAN端子共用
QoS制御は端末レベル
WAN・LAN端子共用WAN・LAN端子共用WAN・LAN端子共用WEM-1266の5GHz帯は最大866MbpsWAN・LAN端子共用
QoS制御は端末レベル
デュアルバンドモデル(WHW01)も存在
AiProtectionの脆弱性保護は利用不可
QoS制御はユーザー定義
WAN・LAN端子共用RT-AC68Uの場合を例示
QoS制御はプリセット・ユーザー定義の両対応
WPA3対応
RT2600acとの混在可

一覧(画像)

テーブルの幅が長くなっているため画像を作成しました。

クリックで画像ファイルが開くのでテーブルが見づらい場合はこちらからどうぞ。
(スマートフォンやタブレットの場合は画像の長押しから新規タブ等で開いてください)

主な仕様の早見表

最大通信速度
(5GHz帯)
トライバンドセキュリティ機能
・ペアレンタル
コントロール
フレッツ光・
光コラボでの
IPv6 IPoE/

IPv4 over IPv6
Google Wifi867Mbpsペアレンタル
コントロール
Orbi866Mbps
(子機接続用)

Orbi Micro866Mbps
(子機接続用)
Deco M5867Mbps
Deco M9 Plus867Mbps
Deco M4867Mbpsペアレンタル
コントロール
WTR-M2133HP
+WEM-1266
866Mbps
WRM-D2133HP
+WEM-1266
1,733Mbps
Velop
(WHW03)
867Mbpsペアレンタル
コントロール
Lyra Trio1,300Mbps
Lyra mini867Mbps
AiMesh
(RT-AC68U)
1,300Mbps
MR2200ac867Mbps
v6プラス(MAP-E)
非対応?

製品ごとの特徴

Google Wifi(Google)

1基以上の「ポイント」で構成されるシステムです。

対応周波数帯は5GHz帯(最大867Mbps)と2.4GHz帯(最大300Mbps)のデュアルバンド構成です。

ペアレンタルコントロールやQoS制御の他、ゲスト用ネットワークの作成や端末毎の通信量の確認といった機能がスマートフォン向けアプリから利用できます。

VPNサーバー機能は備わっていません。

国内では1基のみ、又は3基セットが販売されています。

Orbi(NETGEAR)

1基の「ルーター」と最大3基の「サテライト」で構成されるシステムです。

他社製品と異なる点として「ルーター」と「サテライト」が明確に分けられており、「ルーター」ないし「サテライト」だけでのメッシュネットワーク構築には対応していません。

2.4GHz帯 + 5GHz帯1 + 5GHz帯2のトライバンド構成で、片方の5GHz帯(最大1,733Mbps)を「ルーター」と「サテライト」間の接続に用い、もう一方の5GHz帯(最大866Mbps)と2.4GHz帯(最大400Mbps)を子機との接続に用いることで速度低下を防ぐとされています。

VPNサーバー機能はOpenVPNに対応しています。

国内では

  • RBK50-100JPS:「ルーター」「サテライト」各1基
  • RBK53-100JPS:「ルーター」1基、「サテライト」2基
  • RBS50-100JPS:「サテライト」1基

が販売されています。

Orbi Micro(NETGEAR)

Orbi(RBx50)を小型化したモデルです。

サイズ・重量共にRBx50より抑えられていますが、ルーター・サテライト間接続用の5GHz帯が最大866Mbpsになり、LAN端子も4基から2基(ルーターでは内1基がWAN端子)になっています。

国内では

  • RBK20-100JPS:「ルーター」「サテライト」各1基
  • RBK23-100JPS:「ルーター」1基、「サテライト」2基
  • RBR20-100JPS:「ルーター」1基
  • RBS20-100JPS:「サテライト」1基

が販売されています。

Deco M5(TP-Link)

最大10基の「Decoユニット」で構成されるシステムです。

対応周波数帯は5GHz帯(最大867Mbps)と2.4GHz帯(最大400Mbps)のデュアルバンド構成です。

LAN内デバイスの保護やペアレンタルコントロールが統合された「TP-Link HomeCare」が購入から3年間利用できます。

HomeCareやQoS制御機能はスマートフォン向け「Deco」アプリからの設定に対応しています。

VPNサーバー機能は備わっていません。

標準セットには3基のDecoユニットが含まれており、1基単位での購入も可能です。

Deco M9 Plus(TP-Link)

「Deco」シリーズの最上位モデルです。

Deco M5の機能に加えて5GHz帯が1波追加されトライバンド構成になった他、Bluetooth/ZigBeeによるIoT機器のハブとしての利用も可能になっています。

Deco M4(TP-Link)

2018年12月に発売された製品です。

デュアルバンドかつ2.4GHz帯の通信速度がDeco M5より抑えられており、入門モデルとして位置付けられています。

AirStation connect WTR-M2133HP+WEM-1266(BUFFALO)

無線LANルーターのWTR-M2133HPと、専用中継機のWEM-1266で構成されます。

(ルーター+中継機2台のセット販売もあり)

現時点では数少ない国内メーカーのメッシュネットワーク製品で、NTT東西のフレッツ網におけるIPv6 IPoE通信、及びMAP-E/DS-LiteによるIPv4 over IPv6(『v6プラス』や『IPv6オプション』、『transix』)が利用可能です。

BUFFALO、メッシュネットワーク製品のブランドとして「AirStation connect」を始動
株式会社バッファローは8月3日、新ブランド「AirStation connect」を発表しました。家族のライフスタイルに、いちばんのWi-Fiを。「メッシュネットワーク」対応の新ブランド 「AirStation connect」(...

AirStation connect WRM-D2133HP+WEM-1266(BUFFALO)

トライバンド構成でない代わりにWTR-M2133HPよりコンパクトになったWRM-D2133HPが10月に発表され、WEM-1266との組み合わせでメッシュネットワークを構築できます。

WTR-M2133HPと同じくIPv6 IPoE/IPv4 over IPv6対応です。

Velop(Linksys)

BelkinからLinksysブランドで発売される製品です。

型番が「WHW03」のものは5GHz帯2波と2.4GHz帯1波のトライバンド構成、「WHW01」のものは5GHz帯と2.4GHz帯のデュアルバンド構成となっています。

ペアレンタルコントロールやゲストネットワーク機能は備わっていますが、Deco M5やLyra Miniのような明確なセキュリティ機能は打ち出されていません。

当初はAppleの実店舗及びオンラインストア限定で販売されていましたが、2018年11月から一般販売が開始されています。

メッシュWi-Fiシステム「Velop」、一般販売が開始される
BelkinがLinksysブランドで販売しているメッシュWi-Fiシステム「Velop」の販路が拡大される模様です。

Lyra Trio(ASUS)

Lyra miniよりも最大通信速度が向上した上位モデルです。

5GHz帯で最大1,300Mbps、2.4GHz帯で最大450Mbpsの通信が可能です。

ASUSのメッシュルーター上位モデル「Lyra Trio」が国内で発売か
9/1 15:00現在、ASUSのメッシュネットワーク製品「Lyra Trio」がAmazon.co.jpで販売されています。

Lyra Mini(ASUS)

1基以上のユニットで構成されるシステムです。

対応周波数帯は5GHz帯(最大867Mbps)と2.4GHz帯(最大400Mbps)のデュアルバンド構成です。

セキュリティ機能「AiProtection」が永年無料で利用できます。

Amazon AlexaやIFTTTとの連動の他、PPTP/OpenVPNによるVPNサーバー機能を備えています。

AiMesh(ASUS)

(画像はRT-AC68U)

メッシュWi-Fiシステムとして独立した製品ではなく、既存のASUS製ルーターで利用可能なメッシュネットワーク構築機能です。

2019年2月現在、RT-AX88U/GT-AC5300/RT-AC88U/RT-AC86U/RT-AC67U/RT-AC68Uの6機種、及びLyra Trio/Lyra miniが対応しています。

最大通信速度は利用する機種によって異なります。

トライバンド対応製品(上記機種ではGT-AC5300のみ)を利用する場合は5GHz帯の1波をバックホール専用として割り当てられます。

MR2200ac(Synology)

SynologyのWPA3対応メッシュルーター「MR2200ac」が国内で発売
株式会社アスクは12月21日、台湾Synologyの無線LANルーター「MR2200ac」の取扱を発表しました。同日より発売されています。Synology社製、メッシュネットワークに対応したトライバンドWi-Fiル...

NASで知られるSynologyが投入したメッシュネットワーク向け無線LANルーターです。

WPA3(Personal/Enterprise)やNTT東西のフレッツ光ネクスト網におけるIPv6 IPoE通信、IPv4 over IPv6(DS-Liteのみ)に対応しています。

MR2200ac単体・MR2200ac複数台のほか、1台のRT2600acとMR2200ac複数台によるネットワーク構築も可能です。

その他

NETGEAR Orbi Pro

Orbiシリーズにはビジネス用途を想定した「Orbi Pro」シリーズが存在します。

通信速度は通常のOrbi(RBx50)と変わらない866Mbps+1733Mbps(バックホール)+400Mbpsの構成で、国内ではルーターとサテライト各1基のセット(SRK60-100JPS)とサテライト単体(SRS60-100JPS)が販売されています。

NETGEAR メッシュ対応中継機(EX8000・EX7700・EX7300)

NETGEARの中継機の内、

以上の3製品が「メッシュWi-Fiエクステンダー」として販売されています。

投入予定と思われる製品

ASUS Lyra Voice

メッシュルーターとしての機能に加えてスマートスピーカーとしても利用できる「Lyra Voice」が認証を受けており、今後国内でも発売される可能性があります。

ASUS、スマートスピーカー+メッシュルーターの「Lyra Voice」を国内で発売予定?
総務省の「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」において、ASUSTek Computer Inc.の「Lyra Voice」が2018年12月13日付で工事設計認証を受けたことが掲載されています。登録証明機関による工事設...

NETGEAR RBS40V・RBS50Y

国内で未発表のOrbi関連製品の内、スマートスピーカーとしての機能を備えるサテライトの「RBS40V」と屋外向けサテライトの「RBS50Y」が認証を受けており、今後国内でも発売される可能性があります。

NETGEAR、スマートスピーカー一体型と屋外向けのOrbiサテライト2機種を国内で発売予定?
総務省の「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」において、NETGEAR Inc.の「RBS40V」が2018年12月25日付、「RBS50Y」が2019年1月7日付で工事設計認証を受けたことが掲載されています。登録証明機...

TP-Link Deco M3

Deco M4と同じくエントリーモデルになると思われるDeco M3の存在が一部明らかになっています。

TP-Linkのメッシュネットワーク製品「Deco M3」について
TP-Linkのメッシュネットワーク製品と思われる「Deco M3」についてのメモです。(『Deco M5』その他製品の誤植ではありません)

コメント

  1. 匿名 より:

    Orbi Microは、トライバンドです。
    主な仕様の早見表では、トライバンド「×」になっています。