ASUS、デュアル10GbE対応のクアッドバンドWi-Fi 6Eルーター「GT-AXE16000」を発表

ニュース新製品

ASUSは2022年1月5日、同月5日から8日にかけて開催されるCES 2022に合わせて「ROG」ブランドの無線LANルーター「ROG Rapture GT-AXE16000」および「ROG Rapture GT-AX11000 Pro」の概要を公開しました。価格や発売時期などの詳細は現時点で明らかにされていません。

ROG debuts the world’s first quad-band WiFi 6E gaming router and a new WiFi 6 flagship at CES 2022 | ROG - Republic of Gamers USA

スポンサーリンク

GT-AXE16000の概要

GT-AXE16000は6GHz帯でIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6E)による最大4,804Mbps、5GHz帯1でIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)による最大4,804Mbps、5GHz帯2で同4,804Mbps、2.4GHz帯で同1,148Mbpsの通信に対応するクアッドバンド「AXE16000」クラスの製品です。

ASUSからは6GHz帯に対応する無線LANルーターとして「ROG Rapture GT-AXE11000」や「ZenWiFi ET8」、「ZenWiFi Pro ET12」が公開されていますが、6GHz帯および2.4GHz帯に加えて2つの5GHz帯に対応、片方の5GHz帯をAiMeshネットワークのバックホールとして使用可能なクアッドバンド構成の製品はGT-AXE16000が初となります。

2基の10GbE端子、1基の2.5GbE対応WAN端子、4基の1000BASE-T対応LAN端子(うち2基はリンクアグリゲーション対応)を備え、4コア 2.0GHzのCPUを搭載するとされています。

CES 2022ではTP-Linkからも類似仕様のWi-Fi 6Eルーター「Archer AXE300」が発表されました。

GT-AX11000 Proの概要

GT-AX11000 Proについて公開されている情報はGT-AXE16000よりも更に少ないものの、型番から5GHz帯1でIEEE 802.11axによる最大4,804Mbps、5GHz帯2で同4,804Mbps、2.4GHz帯で同1,148Mbpsの通信に対応するトライバンド「AX11000」クラスの製品と思われます。

GT-AXE11000に近いデザインですが6GHz帯には対応せず、一部の地域で部分的に開放された5.9GHz帯を用いることで160MHz幅のチャンネルを最大3つ利用可能とされています。2021年12月に発表されたSynology RT6600axも同様に拡張された帯域をサポートしています。

2.5Gbps対応の端子を2基備え、CPUはGT-AXE16000と同じく4コア 2.0GHzです。