バッファロー、フラッグシップモデルのWi-Fi 6E対応ルーターを23年春に発売予定

株式会社バッファローは2022年12月14日、フラッグシップモデルのIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6E)対応ルーターを2023年春に発売することを発表しました。

Wi-Fi 6Eルーター フラッグシップモデル | バッファロー

スポンサーリンク

2022年9月に制度改正によりWi-Fi 6Eの利用が可能になった後、バッファローからはアンテナ内蔵のWi-Fi 6Eルーターとして「WNR-5400XE6」が発売されていますが、Wi-Fi 6世代の上位モデルに備わっていた10GbEポートがWNR-5400XE6にはない等、ミドルレンジの位置付けとなっています。

今回予告されたフラッグシップモデルの画像では「WXR」の文字、既存のWXR-6000AX12S/12Bシリーズに類似した外部アンテナを備える筐体のシルエットと「XE12」の表記が確認でき、バッファローの付番法則に則ると「WXR-○○○○XE12」のような型番で投入されることが予想できます。

合計12ストリームの通信に対応するWi-Fi 6EルーターとしてはNECプラットフォームズ Aterm WX11000T12ASUS GT-AXE11000NETGEAR RAXE500などが存在し、バッファローのフラッグシップモデルも同様にトライバンド「AXE11000」クラスとなることが考えられます。